So-net無料ブログ作成

XBOX360フェイスパネル アイマス仕様(10) [フェイスプレート作成手順]

2月末から、ちょっと仕事の関係で…
山口のとある病院に泊まりこみでシステム立ち上げ。

もう、ひたすら押し寄せるトラブルの山に、休み無し&場合によってはホテルにすら帰れず、徹夜で泊り込みという日々。
やっと今日、最初の山を越えたっぽい(;´Д`)
明日また様子を見に行って、何事も無ければ来週から通常勤務に戻れるかな……

何事も無ければね(´∀`)

さて、仕事の方が落ち着いてきたら、今月25日に向けた、とある計画をまた進めなければ。

フェイスパネルにラベルを貼る場合、私は塗装の関係もあってボタン類を全部外してしまうのだけど、この作業はどうしても製作作業の敷居の高いものにしてしまうので…
今回はちょっと、
「どれだけ分解せずに綺麗に作れるか」
の検証も。

まずは、メイン電源ボタンとその周りのリング。

上から押さえながら溝を確認して、注意深くデザインナイフで切り取り。
ここは問題なし。

次いでリセットスイッチ。

正直なところ、切り取る必要なし(´∀`)
こうして押さえて溝を作り出してやれば、1mm程度しか押し込まれないこのリセットスイッチには充分かと。
----------------注------------------
この当時は「フェイスパネル」の呼び方と同じく気づいてなかったけれど…
正しくはこれ、リセットスイッチじゃないので(´・ω・`)
無線コントローラとのカップリングに使用するスイッチだったり。
-------------------------------------
ミスって変なとこに爪で痕付けちゃった…(´・ω・`)
あと、剥がれ始めてる場所もあるけど…
ま、後でなんとかなるレベルかな。

塗装してみるとこんな感じ。

急に寒くなったし、塗装の乗りが悪いけど…
週末にまた重ね塗りしよう。

メモリーユニット挿入口は分解が容易な方なので、ここは分解するのが吉。
問題はUSB端子の蓋。
ここはまだちょっと検証中。
結果は後日かな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。